【いともたやすく行われる十三歳が生きる為のお仕事】ジャンプ+新連載漫画!

サスペンス

今回私が紹介するのは、いともたやすく行われる十三歳が生きるためのお仕事と言う漫画です。

これは、主人公がサイコパスな十三歳で、犯罪者を対象に殺しの仕事を請け負っているという漫画です。

ジャンプで連載される漫画にしては、かなりグロい分類に入るので、そういうのが苦手な方は読まない方がいいかもしれません。

ジャンプ+で連載されているため、無料で読めますので興味がある方はぜひ読んでみてください。

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

基本情報

 

原作     諸葛宙
漫画     さいがりゅう
アプリ    ジャンプ+
連載期間   2020年2月27日~連載中
ジャンル   サスペンス、グロい、サイコパス
巻数     なし(2020年2月現在)
アニメ    なし(2020年2月現在)
ここからネタバレを含みますのでご注意ください

一話のネタバレと感想

どこかのコンテナの中で、一人の男が椅子につながれていた。

意識を失っていた男が、目を覚ますと目の前には少年がいた

その少年の左胸元には、手書きでしょーたろーと書かれていた。

男は、今すぐほどけと脅すが、しょーたろーは見向きもせず、カメラで撮影を開始すると、淡々と男の情報が書かれた紙を音読した。

その男は、5年前、16歳の時に、当時15歳だった少女を誘拐監禁し暴行して殺害した一人だった。

しょーたろーはそれを音読し終えた後、男に「今から拷問して殺しまーす」と宣言した。

男は、いろいろと言い訳をするが、ショータローにとってそれは関係ないことだった。

そして、誰かに依頼されたのであろう要望通りに、その男の玉をつぶして、あそこを千切り・・・

こうしてしょーたろーは、男を殺し、少女が殺され捨てられた場所と同じ所にバラバラにして捨てた。

 

そのニュースを黒鉄 陽人くろがね あきと(24)鉄工所作業員が、自宅で見ていた。

黒鉄は、妹を五年前にレイプされ殺されている

だが、その犯人は、未成年だからと大した罰も受けずに生きている

今回の事件も、犯人が未成年なら大した報いを受けることないだろう。

それを考えると、怒りがこみ上げてきていた。

 

黒鉄の職場に、最近入った新人の遠藤 高志えんどう たかし(21)がいる。

遠藤は、仕事をまともにしない問題児だった。

黒鉄がアパートに帰りつくと、そこにはしょーたろーと胸元に書かれた少年が座っていた。

その少年は、急に語り掛けてきて、なぜか遠藤のことを知っていた。

少年は遠藤が元凶悪犯罪者であることを明かしてきた。

その証拠に、遠藤が犯行を行った時の話をしている場面の動画を見せてきた。

黒鉄は、妹もこんな風にやられたのかと考え、遠藤のように生きているのかと考えると怒りがこみ上げてきた。

黒鉄は、どうして少年が自分にこんなものを見せたのか気になり訪ねた。

すると、少年は「殺すの手伝って」と言ってきた。

最初は、意味を理解できなかったが、黒鉄はこの少年も遠藤に恨みがあるのだろうと考え話に乗ることにした。

 

遠藤を会社に呼び出した黒鉄は、少年が見せた動画を証拠として遠藤に見せた

だが、遠藤は反省してる様子など全くなく、終いには黒鉄をカッターで脅し振り回してきた。

黒鉄は、屋根に上って様子を見ていた少年に助けを求めたが、助けに来てくれなかった。

なんとか、金的でその場をしのぐことができ、痛がっている遠藤を少年は屋上からダイブして打撃を加えて気絶させた。

黒鉄はどうして、助けてくれなかったのかと尋ねたが、少年は黒鉄がどうなろうと関係ないと答えた。

そして、黒鉄は自分の勘違いに気付いた。

少年は、遠藤に恨みなど持っていなくて、最初っから本当に遠藤を殺すことだけを目的としていたのだということに。

少年は、役目を終えた黒鉄を気絶させて、遠藤をコンテナへと運んだ

 

しょーたろーは遠藤を裸で吊るすと、拷問して殺すと遠藤に宣言した。

遠藤は、殺した少女にたばこを、悲鳴上げなくなるまで当てるということを行っており、依頼者の意向でそれと同じことを遠藤にも行うことにした。

遠藤に、コードレスのはんだこてを少女にやった回数と同じだけ押し当てた後、玉を潰してあそこを切って・・・殺した。

そして、死体はバラバラにして、殺した少女を捨てた場所と同じ所に捨てた

 

その後、黒鉄はニュースを見て、遠藤を少年が本当に殺したことを知った。

そして、年端も行かない少年が人を簡単に殺したことに、複雑な心境に陥っていた

 

夜、しょーたろーは、依頼主から金を受け取ると、次の日黒鉄のアパートへと赴いた。

そして、手伝い料金として札束を黒鉄に渡した

だが、黒鉄は家から銀行の通帳を持ってきて、貰った札束+今ある全財産で、妹をレイプして殺した奴らを殺してくれと依頼した。

黒鉄は、今回のことで、ずっと心の奥に閉じ込めていた憎しみを解き放つことにしたのだった。

銀行の通帳を見たしょーたろーは、桁が一つ足りないと指摘した。

だが、どうしても妹の敵を討ちたい黒鉄は、殺し以外なら何でもすると言ってきた。

それを聞いたしょーたろーは、契約成立として、手を組むこととなるのだった。

黒鉄は、殺意無き殺人鬼を使って、復讐を果たすことが出来るのか!?

 


これを読んだとき、正直最初、これをジャンプでやるんだという衝撃の方が大きかったですね。

結構、グロい部分も多いですし。

内容としては、面白かったですけど、良くも悪くもジャンプっぽくないので、評価が分かれそうだなと思いました。

いくつか疑問に思ったことがあって、しょーたろーはなぜ殺し屋的なことをやっているのかとか、気絶させた大人をどうやって13歳の少年が運んでいるのだろうかとか、いくつか疑問に思いましたね。

でも、これらは、追々判明していくかもしれないので、その謎が明かされるのを楽しみにしたいですね。

こういう話は好きなので、今後どうなっていくのか楽しみです!

主な登場人物

しょーたろー

13歳の殺し屋。

依頼された相手を殺すが、そこに殺意はない

運動能力はかなり高いと思われる。

口癖は「それ僕に関係ある?

黒鉄 陽人くろがね あきと

24歳で鉄工所作業員。

妹を5年前にレイプされ殺されている。

だが、犯人が大した罪に問われずのうのうと生きていることに怒りを覚えている。

復讐心を心の奥に閉じ込めていたが、しょーたろーとの出会いで解き放つことにした。

最後に

 

グロいシーンが出てきますが、そういうのが大丈夫な方は読んで見てはどうでしょうか!

ジャンプ+で連載されているため、無料で読めますので、この記事を読んで少しでも気になった方はぜひ読んでみてください。

こちらからすぐに1話が読めます!

最後までお読みいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました